METHODストロンガー工法

  • NETIS 新技術情報提供システム登録済 登録NO.HR-140004-A
  • 静岡県新技術・新工法情報データベース 登録済 登録NO.1508

ストロンガー工法とは

既存の落石防護柵を利用し、特別な加工を一切施すことなく簡易に補強・柵高のかさ上げを行うことができる補強工法です。

  • ■補強タイプ・新設タイプ
    ・既設H鋼式落石防護柵の「吸収エネルギー向上」
    ・新設の「簡易高エネルギー吸収型落石防護柵」
  • ■かさ上げタイプ
    ・既設H鋼式落石防護柵の堆積物による柵高不足対策の「かさ上げ補強」(柵高3.5mまで対応可能)
  • ■部分かさ上げタイプ
    ・既設H鋼式落石防護柵の「部分かさ上げ補強」
  • ■積雪対応
    ・積雪時の小規模雪崩の対応例

特徴

・使用する部材は全て工場製作するため、現場での加工の必要がありません。
・各部材は軽量で特殊な工具は不要、施工も簡単です。
・あらたにコンクリートを使用することもなく、掘削も不要であるため環境への負荷もありません。

施工工程

  • STEP01 下部接続部材取付

     

  • STEP02 上部接続部材取付

     

  • STEP03 端末補強部材取付

     

  • STEP04 上部拘束バー取付

     

  • STEP05 ワイヤ金網取付

     

  • STEP06 完成

     

施工箇所

  • 富山県南砺市

卓越した専門技術者による最適な施工・工事を提供させていただきます。
まずは、お問い合わせ・お見積りをご依頼ください。

※土日祝日および年末年始は、受け付けておりません。ご了承ください。

  1. TOP
  2. アースシフトの技術
  3. ストロンガー工法