METHODSinglei工法(シングル アイ):微破壊検査

  • NETIS 新技術情報提供システム登録済 登録NO.HK-150004-A
  • 静岡県新技術・新工法情報データベース 登録申請中

Singlei工法(シングル アイ):微破壊検査とは

橋梁のコンクリート床版等をひび割れや錆汁の状況等の外観から診断するのではなく、特殊機器を直接コンクリート内部に挿入し、ひび割れの発生状況等、内部の状況を直接確認できるコンクリート内部の微破壊検査法です。
橋梁等の構造物を正しく診断するためには、構造物全体を見る必要があります。この時、正確なデータを取得し、それに基づいて診断する必要がありますが、Singlei工法は実用化されている検査法の中で、唯一そのニーズに応えることが出来ます。

当社はTripleEYE協会の会員として、Singlei工法に取り組んでいます。
TripleEYE協会のHPも併せてご覧下さい。

特長

コンクリート内部の変化を現場で即座に確認できる微破壊検査方法です。
・ 軽量で運搬,設置に便利
・ 機械を任意箇所にバキューム設置できるため,作業が迅速で削孔速度も速い
・ 床版の上下面からの検査が可能
・ 舗装上からの検査や,鋼板下面から上方に向けた検査も可能
・ 現状で最細径の内視カメラで孔壁撮影するため,削孔径は9mmで済む
・ 削孔径9mmなので床版やコンクリートへのダメージはほとんどない
・ 内視鏡を等速で挿入できるため,撮影画像のひずみが極めて少ない
・ 撮影は側視による120度角であり,十分な孔壁の検査が可能
・ 浸透性の高い特殊カラー樹脂を使用しているため微細なひび割れの検査が可能
・ ひび割れ幅の測定精度は0.01mmであり,空隙やASRリムの観察も可能
・ 施工,検査時間が短いので,短時間で多くの箇所の検査が可能(削孔5分,樹脂注入固化15分,検査5分,補修5分:合計約30分)
・ 現場において孔壁のモニター確認や,ひずみのない展開図の印刷が可能(結果判断が迅速にできる)
・ 削孔部は短時間で固化する補修材で簡易に充填でき,早期交通解放に有効
・ 1箇所あたりの検査コストはコアボーリング検査より安価

検査手法

  • STEP01 鉄筋探査機で鉄筋位置検出

    小型の小口径水循環式穿孔機を用いてφ5㎜で削孔。舗装表面より鉄筋探査機で鉄筋位置を検出

  • STEP02 1次穿孔

    水循環式のロングビットドリル ミニ(LBD ミニ)で穿孔。
    ※穿孔径は第一穿孔:φ5 、第二穿孔:φ9。※許容穿孔深さはφ5=250㎜、φ9=300㎜

  • STEP03 樹脂を注入

    特殊カラー樹脂を注射器で注入

  • STEP04 2次穿孔

    2次穿孔 (穿孔径:Φ9㎜)
    ※穿孔径は第一穿孔:φ5 、第二穿孔:φ9。※許容穿孔深さはφ5=250㎜、φ9=300㎜

  • STEP05 確認と記録

    孔内の確認と記録

  • STEP06 穴埋め充填

    検査後の検査孔の穴埋め充填
    ※反力による充填工法

i-SCOPEで記録した動画

主な使用資機材

  • ロングビットドリル(LBD)

    小口径のビットで穿孔深さ5.0m以上の穿孔が可能な水循環式ドリルです。
    橋梁、ダム、トンネル等のコンクリートの厚い構造物で裏側面にアクセスができない環境での補修や構造物のコンクリート躯体内部調査、あと施工による梁や壁への配線・配管用の貫通孔など用途は様々です。
      (NETIS登録番号:TH-120023-A)
  • i-SCOPE(高性能内視鏡)

    孔内の確認と記録に使用
    上下に一定にスライドするエンコーダ(自動スライド装置)と i-SCOPE(高性能内視鏡)の組合せで、コンクリート内部の状態を画像および動画記録で保存ができます。ひび割れ幅の計測もできます。
    記録保存した側視レンズの動画を特殊映像処理を施して1枚の画像にできます。

卓越した専門技術者による最適な施工・工事を提供させていただきます。
まずは、お問い合わせ・お見積りをご依頼ください。

※土日祝日および年末年始は、受け付けておりません。ご了承ください。

  1. TOP
  2. アースシフトの技術
  3. Singlei工法(シングル アイ):微破壊検査